営業職を軸に、異業界へ転職を。

裏技!ホワイト企業を簡単に見分ける方法【誰も知らないホワイト企業の見つけ方を伝授】

 

ホワイト企業って呼ばれる所に就職したい!

でもホワイト企業ってどこ???

探し方と見分け方が分からない!

 

 

お疲れ様です。

今回は『誰でも出来る隠れたホワイト企業を見つける方法』をお伝えします。

私自身、ホワイト企業を意識して会社を探し始めたのは二回目の転職の時でした。

 

【必要最低限】1年に及ぶ転職活動で辿り着いた登録しておくべき転職サイトと転職エージェント

 

『早く帰れて、給料は高く、そして福利厚生が充実してる会社はどこか』

こんな事を思って色々方法を模索しました。

 

 

しかしネットで検索をしても出てくる方法と言えば、

『転職エージェントに相談しよう!』

『○○サイトに登録しよう!』

と言ったようなアフィリエイト目的のサイトばかりで本当に必要な情報は一切存在しません。

 

 

そんな状態の中、今回紹介する方法は私自身が生み出した完全オリジナルな方法論になります。

就活、転職をする際に是非ともお役立てください。

今回は特別にお話ししちゃいます!

ユウ

裏技!ホワイト企業を簡単に見分ける方法【Yahooファイナンスを活用】

 

Yahooファイナンスこそホワイト企業を手軽に探すことの出来るツール

 

ホワイト企業を見つける方法で一番ある良くあるパターンが、『就職四季報』を見る事です。

就職四季報では3年後の離職率等が掲載されているので確かに企業探しのあたり付けにはもってこいの書籍になります。

しかも就職四季報は外部の会社が独自に作った物なので、『一部の企業だけ良いことが書かれている』と言ったことがない書籍です。

そのため信用できる客観的な資料として活用することができます。

ただし、この方法は割と王道な方法。

知っている方は知っていると思いますし、探せがネットでも一部紹介している人がいます。

ですので、今回は『もっとザックリと企業を調べることが出来て、かつ客観的な情報である』事を条件にホワイト企業を探していきます。

そしてその方法が『Yahooファイナンス』を活用してホワイト企業を探す方法です。

 

ご存知の方も居るかもしれませんが、yahoo!ファイナンスは投資家のための情報サイトです。投資をしていない人にとっては無縁のサイトであるかもしれません。

しかし、Yahooファイナンスは情報の宝庫です。

見ない手はありません。

本当に便利なサイトですよ!

ユウ

 

それでは実際にホワイト企業を探す方法と順を追って説明していきます。

【Yahooファイナンスを活用したホワイト企業の探し方】

 

STEP1:ファイナンスにアクセス先ずは検索エンジンに『Yahooファイナンス』と入力をしYahooファイナンスにアクセスします。

STEP2:企業を検索 Yahooファイナンスのトップページに辿り着いたら『銘柄やコード、キーワードを入力』と記載のある検索欄に『高シェア』or『1位』と入力します。

 

 

これらを入力すると世界でシェア1位の商品を持っている企業や日本国内でシェア1位の商品を持っている企業が表示されます。

 

 

以上がYahooファイナンスでホワイト企業を探すステップになります。

 

非常に簡単でしょ?

ユウ

 

Yahooファイナンスはこの他にもザックリと企業の売り上げ等を見ることが出来るので、

そちらも是非、見てみてください。

『高シェア』で検索する理由

 

捕捉ですが、なぜYahooファイナンスの検索欄に『高シェア』を入れて検索するのかを説明しておきます。

簡潔に説明すると、

『シェアが高い=それだけ売り上げも高いと想像することが出来、そして売り上げが高いということは

安定した企業でかつホワイト企業である可能性が高い』からです。

 

例えば日本国内で絆創膏でシェア1位はジョンソンエンドジョンソンです。

外資系の企業ではありますが、絆創膏市場において独占して販売しているのがこの企業になります。

 

また最近CMで良く見るAGC(旭硝子)はガラスのシェアにおいて世界で通用する力を持っています。最近では5G関連の素材の育成に力を入れているということもあり、今後ますますの成長が期待されています。

 

このようにたった3行程度の説明文しか掲載されていませんが、それだけでも十分な情報です。

また定期的に企業の説明文が変化するため、『高シェア』に変わる別の言葉でも検索してみると良いです。

例えば『世界』『売上NO,1』などなど・・・

言葉を変えるだけでヒットする企業が大分変化します。

『高シェア』を言い換えて色々と検索してみてください。

裏技!ホワイト企業を簡単に見分ける方法【財務諸表編】

 

ここからは財務諸表から読み取れるホワイト企業の探し方をお伝えします。

あくまで数値的な目安なのでご理解ください。

 

『楽な仕事比率』の算出方法

 

ある程度、企業のあたり付けが出来たら実際にその企業の財務諸表を見ていきます。

そこで注目して貰いたいのが『資産全体に占める固定資産の割合』です。

この割合が高いなら、作業の機械化やシステム化が会社内で進んでおり、

『労働集約型の企業では無いため、肉体的に楽な仕事が多い可能性が高い』と言うことが分かります。

特に年度別に推移を追っていくと分かりやすいと思います。

私はこれを『楽な仕事比率』と呼んでいます。

調べてみると大体、BtoB企業に集約されてくるのですが、

BtoB企業の中でも更に仕事が楽な企業を探すときに役立つかと思います。

ブラック体質な企業を調べる方法

 

ブラック体質な企業を調べる方法は

『EPSと一株あたりの営業キャッシュフローを比べて、EPSが高い場合にブラック体質』

と言う判断方法になります。

EPSとは一株あたりの利益の事を意味し、算出方法は

『EPS=税引後当期利益➗発行済み株式数』になります。

EPSと一株あたりの営業キャッシュフローを比べて何が分かるのかと言うと、

『期末の押し込み販売をしている可能性』があると言う事です。

期末の押し込み販売に関してはMRという薬の営業で良くあると聞きますが、

数値を調べてみるとEPSが高いことがあります。

企業批判になりそうなので、

これに関しては実際にご自身で調べてみてください。

注意事項

『楽な仕事比率』も『ブラック体質な企業を調べる方法』もあくまで可能性です。

あくまで数値的な目安である事をご理解ください。

特に『楽な仕事比率』は連結決算だとグループ全体の数字からの算出になってしまうので、そこは注意が必要です。

 

最後に見るべきサイト

ここまで下調べをしたら、最後は口コミサイトで有名なOPEN WORKS(旧VORKERS)で実際に働いている人の口コミを見てみましょう。

このサイトは登録する際に自身が勤めてる企業の情報を当たり障りない範囲内で入力しないと使うことが出来ません。

しかも適当に入力されないように最低限入力する文字数も設けられているため、

内容もしっかりとしたものでないといけません。

故に信憑性が高い口コミサイトです。

私自身も転職時にはこのサイトにお世話になりましたし、実際に書き込みのあった内容と実際の職場の雰囲気には差がなく口コミ通りと言った感想です。

就活時でも転職時でもそうですが、

内定をもらえると嬉しさのあまり盲目的になりがちです。

一旦冷静になって『本当にこの企業に就職をしても良いのか』を考える上でも

OPEN WORKS(旧VORKERS)を活用して、

あえてネガティブな情報に触れておく事をお勧めします。

裏技!ホワイト企業を簡単に見分ける方法!まとめ

 

今回の内容をまとめると以下の通り

ユウ

 

今回のまとめ・ホワイト企業を探すにはYahooファイナンスを活用すると手軽で便利
・より慎重に企業を判断したい場合、『楽な仕事比率』『ブラック体質な企業を調べる方 法』を活用し企業を判断
・ただし『楽な仕事比率』『ブラック体質な企業を調べる方法』はあくまで数値的な目安

 

就職活動をこれから行う方や、転職を検討している人は一つの方法と目安として、お使い頂ければと思います。

今後もホワイト企業の探し方で有益な方法が見つかり次第、記事を更新していきます。